魚群探知機で大漁支援【漁師の仕事をしっかり支え隊】

作業員

土質改良が重要

事務所

これまでの歴史や変遷について

砂地に建つと砂上の楼閣としての例えのあるように基礎がしっかりしないもので長続きしないものとされています。又、そのようなところでは草花も育ちません。その土地の利用に合わせたような土地地盤の改良を行う必要が生じ、そのための工事も多く行われます。地球環境に対する考え方も変化して来ました。そしてなるべく地球を汚さないようにすることも企業の責任の1つにもなって来ています。かつて米作りにおいていてカドニウム汚染が広がったことがありました。産業廃棄物が勝手に捨てられたり公害病という言葉も生まれました。ゴミの排出量も増加してリサイクルも行われるようになりました。廃土をリサイクルできるように土質改良プラントも開発されて来ました。

今後の動向についての予測とは

そして近年の津波の発生で建物は流され放射能汚染物質も広がりました。リサイクルプラントとして土質改良や廃材のリサイクル、混合産廃リサイクルなどがあり、悪質な土壌は質の高い砂などに変える、あるいはアスファルトや木材、コンクリートの廃材を使用して資源をうまく活用することができるものです。国土の限られた資源では、産廃物を集めて来てそれをより分けて、分解したり、改良したりして有効な生成物を作り出すことが特に求められて来ています。土質改良プラントでは土質を改良するために石灰を利用して改善する場合も見られますし、砕石にしてセメントと混ぜて使われることもあります。土質改良プラントは最新の技術があってこそ可能となるもので、さらにコスト削減を目指し、高品質な再利用での生成へと進んでゆくことが今後予想されます。